初心者のための仮想通貨投資の始め方

ビットコインの使い方は?4つ用途を徹底解説します

ビットコインって何に使えるの?
ビットコインは4つの使い道があるよ。それぞれの使い道について解説するね。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は世界中が注目しているデジタル通貨です。

この記事ではビットコインの使い方をひと通りまとめておきました!

とてもざっくりとした解説ではありますが、ビットコインにはどのような使い道があるのか確認してみてくださいね。

ビットコインの4つの使い方

ビットコインは主に4つの用途で使われます。それぞれの使い方について詳しく解説しますね。

ビットコインの使い方
  • 投資:投資対象として使う
  • 送金:送金手段として使う
  • 決済:決済手段として使う
  • 寄付:寄付手段として使う

 

投資:投資対象として使う

そもそも、なぜ人はビットコインを使うようになったのでしょうか。

そのひとつの理由が投資対象としての利用です。

あなたのまわりにも、ビットコインで資産を倍にしたという人がいるかもしれません。

将来的な成長が見込めるビットコインは、投資対象として魅力があるんですね。

ビットコインでの投資は、円やドル、あるいは株と同じように行います。

ビットコインの価格は常に変動しているので、下がった時に買って、上がった時に売れば、その差額が儲けになるというわけです。

短期的に見れば、ビットコインの相場は値動きが激しく、先読みしにくいかもしれませんが、長期的に見れば、ビットコイン市場そのものが、まだまだ成長途上なので、将来的な値上がりが期待できます。

 

送金:送金手段として使う

ビットコインが得意とすることは送金です。

あなたが持つ仮想通貨の取引所から、送り先の取引所まで一瞬、かつ格安の手数料で送金できます。

ビットコインが最も本領を発揮するのは、海外へ送金するときです。国内から海外へ送金する場合、為替手数料と送金手数料がかかります。

例えば、円からドル、ドルから円に資金を行ったり来たりさせるだけで、二重に手数料を取られてしまいます。

そのときに、「円→ビットコイン→ドル」「ドル→ビットコイン→円」のように、あいだにビットコインをかませるだけで、手数料は安くなるんですね。

 

決済:決済手段として使う

ビットコインは通貨として認められているので、ビットコインを使って直接買い物をすることもできます。

お店でビットコインアドレスのQRコードを発行してもらい、それをスマホで読み取って利用代金を送金すればOKです。

国内でも利用できる店舗がどんどん増えています。今後もさらに増えていくことが予想されています。

 

寄付:寄付手段として使う

ビットコインは、1円単位で取引できるため、気軽に寄付することができます。

日本は地震や台風などが身近なだけに、災害支援のために寄付をしようという人はたくさんいますが、海外へ寄付するとなると、支援金には手数料がかかります。

そのため、寄付金の半分以上が手数料として消えたり、現地にほとんど届かないこともあります。

ビットコインでの寄付には手数料がほとんどかからず、取引記録が全て残っているので、自分が寄付したお金がきちんと届けられたということを、後から確認することができます。

そういった意味でも、ビットコインは寄付金や支援金の送金に向いていると言えます。

 

まとめ|ビットコインの使い方

ビットコインの4つの使い方の解説でした。なんとなくではありますが、ビットコインの使い方について掴めたかと思います。

ビットコインの使い方
  • 投資:投資対象として使う
  • 送金:送金手段として使う
  • 決済:決済手段として使う
  • 寄付:寄付手段として使う