初心者のための仮想通貨投資の始め方

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録・口座開設方法|本人確認や二段階認証などの設定方法

ぼくもビットフライヤーで仮想通貨を買いたいんだけど、いったいどうすればいいの?
じゃあビットフライヤーに登録する方法を解説するね!

この記事では、仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」の登録方法とセキュリティ対策について解説します

仮想通貨取引所の口座開設と聞くと、すごく難しそうなイメージがあるかもしれませんね。

でも実はビットフライヤーへの登録はとっても簡単で、その手順は以下の4つの手順だけで完了します!

  1. bitFlyerのアカウントをつくる(ウォレットクラス)
  2. 本人確認をする
  3. 本人確認書類を提出する
  4. ハガキを受け取る(トレードクラス)

どうですか、意外と簡単そうではありませんか?

ちなみにビットフライヤーの本人確認のハガキは申し込んでから2〜3日で手元に届くので、仮想通貨の取引を始めるには最短でも3日はかかると思っておいてくださいね!

思っていたよりも簡単そうだね!
うん、そんなに難しい手続きでもないから安心してね!

ではこれから、bitFlyer(ビットフライヤー)の登録の手順をひとつひとつ説明をさせてもらいます!

もし登録する上で何か気になることがあるなら、ビットフライヤーのメリット・デメリットをしっかりと確認した上で、登録するようにしてくださいね。

bitFlyerの登録方法

【Step1】biFlyerのアカウントをつくる

それじゃあビットフライヤーの登録をはじめようか。申し込みはビットフライヤーの公式ホームページから行うことができるよ。

よし、じゃあ公式ページへアクセスだね!

手順1:bitFlyerにアクセスする

まずは下のリンクから、ビットフライヤーの登録ページにアクセスしましょう。

bitFlyerに登録する

 

手順2:ユーザー登録をする

上記の入力欄の「メールアドレス」を入力し、「アカウント作成」というボタンをクリックしてください。


登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、届いたメールに記載されたアドレスをクリックしてください。


メールで確認したキーワードを入力して、アカウント作成ボタンをクリックしてください。


確認事項にチェックを入れた後、「bitFlyerをはじめる」をクリック。この時点で、あなたもウォレットクラスです。

ここからは、トレードクラスになるため、登録作業を続けましょう。

 

【Step2】本人確認をする

アカウントができたよ!次は何をすればいいの?
ここからは本人確認をしていくよ!

手順1:個人情報の入力

アカウントの作成ができたので、次は本人確認を行っていきます。「まずは取引時確認の入力からはじめる」をクリックします。


本人情報の入力画面が表示されるので、「名前」「性別」「住所」等を入力していってください。

この際、本人確認資料(免許証等)と同じ情報(名前、住所等)を入力する必要がありますので注意しておきましょう。

入力が完了したら、「登録情報を確認する」をクリックしてください。

その後、確認画面が表示されますので、入力した情報に誤りがなければ、「ご本人情報を登録する」をクリックします。

 

【Step3】本人確認書類を提出する

最後に本人確認書類を提出すれば登録は完了だよ。

書類の提出?なんだか難しそうだね。
本人確認書類はスマホがあれば簡単に提出できるんだ!

手順1:本人確認書類を提出する

次に、本人確認書類を提出します。「続けてご本人確認を提出する」をクリックして本人確認を行いましょう。


パスポートや免許証などの本人確認書類の画像をアップロードします。

先ほど設定した住所と一致する本人確認書類の画像でなければいけないので注意してくださいね。

本人確認書類としては、以下のものが有効となります。

  • パスポート(顔写真のあるページと住所のページ)
  • 在留カード(裏面も)
  • 特別永住者証明書(裏面も)
  • 運転免許証(裏面も)
  • 運転経歴証明書(裏面も)
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード(裏面は必要なし)

本人確認書類の提出はこれで完了となります。次は取引目的の確認をしていきましょう。

 

手順2:取引目的の確認

職業や取引の目的を入力します。それぞれの項目について該当するものにチェックを入れて「入力する」をクリックしてください。

 

手順3:銀行口座情報の登録

最後に、日本円の入出金に利用する銀行口座の情報を登録します。

ビットフライヤーでは、三井住友銀行、もしくは住信SBIネット銀行の場合、入金手数料がかからないのでおすすめです。

確認画面が表示されますので、口座情報に誤りがなければ、「銀行口座情報を登録する」をクリックしましょう。


これにて、ビットフライヤーへの登録作業は終わりです。

続けてセキュリティ対策をするため、「ホームに戻る」をクリックしてください。

 

【Step4】ハガキを受け取る

ビットフライヤーからハガキが届いたよ!これでもう使いはじめられるの?
うん、そうだね。ビットフライヤーではハガキを受け取る前でも、審査完了後には全ての機能が使えるようになるんだ。

すべての情報が登録後、審査が行われます。その後、登録した住所にハガキが届くので、ハガキが届いたら確認は完了ということですね。

また、ビットフライヤーでは審査が完了すれば、郵便物の受取をする前にトレードクラスにランクアップします。

注意
ハガキは混雑しているときは2〜3週間かかるという噂です。申し込みだけならすぐに終わるので、すぐに取引を始めたいという方は今すぐ申し込んでおきましょう。

 

セキュリティ対策

登録が完了したら、セキュリティ対策をしておきましょうね。

ビットフライヤーでは、セキュリティ対策として二段階認証を設定します。

仮想通貨を扱う上でセキュリティ対策は必須なので、絶対に設定しましょう。

MEMO
二段階認証とは、IDやパスワードのほかに、セキュリティコードも確認することで安全にログインできる仕組みです。

 

二段階認証の設定方法

まずはビットフライヤーにログインします。

ログインすると、上記のような画面が表示されますので、「二段階認証の設定を行います」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。


次に、「二段階認証設定を変更する」をクリックします。


すると、最初に登録したメールアドレス宛に確認コードが記載されたメールが送られます。

一度メールの受信フォルダを確認し、確認コードを入力した後、「次へ」をクリックします。


次に、「認証アプリを使う」を選びます。

「いつ使用するか」の項目にすべてチェックを入れたら、「次へ」をクリックしてください。


二段階認証には、専用のアプリが必要です。持ってない場合は、インストールしておきましょう。Zaifでは、以下のアプリが推奨されています。

  • Google認証システム(iOS, Android)
  • Authy(iOS, Android)
  • Duo mobile(iOS, Android)

スマホにアプリがない場合は、リンクからダウンロードしておきましょう。

まずは、二段階認証アプリでQRコードを読み込みます。

画面中央にあるキーは、携帯電話を紛失などした場合に、アカウントへ戻るために使います。忘れないようにメモを取りましょう。

アプリから生成された認証コードを入力した後、「確認」をクリックすれば完了です。

注意
Google Authenticatorに表示されている認証コードは30秒毎に切り替わります。そのため、入力した認証コードが別のものに切り替わらないうちに「設定する」をクリックしましょう。

もし入力中に別に認証コードに切り替わってしまった場合は、切り替わった後の認証コードを入力し直してから「設定する」をクリックしてください。

 

携帯電話認証を行う

続いて、携帯電話認証を行いましょう。ホーム画面にある「携帯電話認証」をクリックしてください。


携帯電話番号を入力し、「携帯電話認証をする」をクリックします。


登録された電話番号あてにSMSが送られます。SMSにある確認コードを入力した後、「携帯電話登録」をクリックしてください。

SMSが届かない場合は、「確認コードを音声で通知する」をクリックしましょう。

 

IDセルフィーを行う

最後に、IDセルフィーを行いましょう。ホーム画面にある「IDセルフィー」をクリックしてください。


IDセルフィーは、写真による本人確認のことです。

画像の左側にあるような、顔写真付きの本人確認資料とあなたが一緒に写っている写真をアップロードしましょう。

「IDセルフィーを提出する」をクリックすれば完了です。

 

まとめ

  1. bitFlyerのアカウントをつくる(ウォレットクラス)
  2. 本人確認をする
  3. 本人確認書類を提出する
  4. ハガキを受け取る(トレードクラス)

bitFlyerに登録する

bitFlyer(ビットフライヤー)に登録する方法のまとめでした。

最初は難しそうに感じていたかもしれませんが、やってみると意外と簡単だったのではないでしょうか?

思ってたよりビットフライヤーの登録は簡単だったね。

 

関連記事

無事にビットフライヤーの口座開設が完了したら、次は日本円を入金してみましょう。

coincheck(コインチェック)での入金方法まとめ|手数料とおすすめの入金方法を解説