初心者のための仮想通貨投資の始め方

【総まとめ】coincheck(コインチェック)の特徴を徹底解説|メリット・デメリット

この記事ではcoincheck(コインチェック)の特徴とメリット・デメリットについて、仮想通貨初心者の方にもわかりやすく紹介していきます。

ビットコインなどの仮想通貨は取引所で買うことができるのですが、初めての取引所はどこがいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「コインチェック」が初めての仮想通貨投資におすすめな理由についても詳しくまとめたいと思います。

仮想通貨の取引は想像以上に簡単にできますので、よろしければこの記事を参考にして、仮想通貨取引を始めてみてくださいね。

関連記事:ビットコインの始め方|仮想通貨投資の始め方を初心者にもわかりやすく解説

coincheckに登録する

coincheck(コインチェック)とは?

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheckの評価
安全性
(4.5)
手数料
(3.5)
使いやすさ
(5.0)
取扱通貨の種類
(5.0)
総合評価
(4.5)

 

初めての仮想通貨投資におすすめな取引所

コインチェックって何なの?
コインチェックは国内最大級の仮想通貨取引所のことだよ。取扱い通貨が多くて、専用アプリが使いやすいのが特徴だね。

coincheck(コインチェック)とは国内最大級の仮想通貨取引所のことです。

ビットコインを含めた13種類の仮想通貨を売買することができ、投資未経験者でも簡単に利用できるため、初めての取引所に最適な取引所ですね。

初心者に使いやすいのは嬉しいね。コインチェックについて詳しく教えてー。
それじゃあここからはコインチェックのメリットを解説していくね。

 

coincheck(コインチェック)のメリット

売買できる仮想通貨の種類が豊富

一番のポイントはコインチェックは13種類の仮想通貨を売買できることだね。日本円で買える仮想通貨の数は国内NO.1なんだよ。

国内最大級の取引所であるコインチェックの最大の特徴はビットコインを含めて、13種類の仮想通貨を売買できることですね。これだけの種類を取り扱っている取引所はコインチェックだけです。

取扱い銘柄は以下の通りとなります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LISK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • Augur(REP)
  • リップル(XRP)
  • ゼットキャッシュ(ZEC)
  • ネム(NEM)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • ダッシュ(DASH)
  • ダオ(DAO)

これらのコインは優良なものばかりで、ここ1年で例外なく伸びています。また、現在も市場規模が成長中です。

仮想通貨は値動きが激しいのでリスクを抑えるなら、コインチェックで購入できるコインに分散投資をしておけば間違い無いと思いますよ。

取扱い銘柄が多いからリスク分散がしやすいんだね。

 

チャートや取引画面が使いやすい

コインチェックのもうひとつの特徴がアプリの使いやすさだね。特にウィジェットがとても便利なんだ。

ぼくはスマホをよく使うからアプリが使いやすいのは嬉しいな!

コインチェックのもうひとつの強みが専用アプリの使いやすさです。チャートや取引画面は初心者がパッと見てもわかりやすい作りになっています。

その中でも特に便利なのがウィジェット機能ですね。スマートフォンのウィジェット機能に仮想通貨の価格を表示する事が出来るので、いつでもどこでもサッと価格を確認することができます。

気軽にチャートが確認できるのは本当に便利です。

そして投資初心者では分かりづらいチャートも線チャートで表示されているいるので、価格変動が凄く分かりやすいです。

コインチェックは取り扱いしている通貨も多く、ビットコインの取引量も国内NO.1なので、このアプリで国内のお金の動きが把握出来ると言っても過言ではありません。

 

不正ログイン保証があるから安全

ビットコインなどの仮想通貨はハッキングによって盗難される可能性があるのが現状です。

取引所に預けていた仮想通貨が突然なくなる可能性があるということですね。

しかし、コインチェックでは2017年6月に東京海上日動と連携し、もし万が一、不正にログインされて日本円や仮想通貨を引き出された場合には100万円まで補償することを発表しました。

こういった点からも、安全に仮想通貨投資をしたいという方におすすめな取引所といえるでしょう。

 

登録が1分程度で簡単に終わる

コインチェックは登録も非常に簡単です。登録だけなら1分もかからず完了します。

Facebookのアカウントをお持ちの方は数秒で完了します。また、アカウントを持っていなくても、メールアドレスとパスワードを入力すれば登録はすぐに完了しますよ。

登録が完了した後は、本人情報の登録、本人確認資料の提出(ウェブで写真提出)、転送不要書留郵便の受け取りを経て、取引を開始できます。

この流れは基本的にどの取引所も変わりません。複数の取引所に登録してみて、使いやすそうな取引所を見つけるのがおすすめですよ。

coincheckで口座開設

 

coincheck(コインチェック)のデメリット

いいところがたくさんあるのはわかったけど、デメリットとかはないの?
それじゃあここからはコインチェックのデメリットをまとめるよ。登録前にデメリットもしっかりと確認しておこうね。

 

売買手数料(スプレッド)が高い

コインチェックは販売所なので売買手数料が高めなのはデメリットといえますね。

売買手数料(スプレッド)というのは仮想通貨を購入(売却)する際に上乗せされる手数料のことを言います。

コインチェックはユーザー間での売買ではなく、販売所形式のため、運営会社との売買になります。

そののため、通常の板取引に比べて、手数料の部分が割高になってしまいます。

販売所であるメリットとかはないの?
販売所形式だとコインの注文がしやすいというメリットがあるよ。

そうはいっても手数料が安い他の取引所では、注文方法が少し難しいので初心者のうちはわからないかもしれません。

販売所であることでコインが買いやすいというのは、仮想通貨投資初心者の方にとってはメリットとなるでしょう。

以下の記事で「取引所」と「販売所」の違いについてまとめているので、よろしければ参考にしてくださいね。

 

クレジットカードの手数料が高い

コインチェックではクレジットカードによる入金にも対応しています。

クレジットカード入金は銀行振込よりも簡単に行えるのですが、その反面、手数料が高いというデメリットがあります。

クレジットカード入金では、およそ8%〜10%の手数料が上乗せされます。

銀行振込の場合は振込手数料だけで済むので、どうしても急ぎで入金したい時以外は銀行振込で入金するのがベストですね。

入金は銀行振込だね!

 

レバレッジの限度が5倍まで

コインチェックではレバレッジ取引もできます。このレバレッジ限度が低いのもデメリットと言えますね。

ここからは上級者の方向けの話になるので、初心者の方は読み飛ばしてもらっても大丈夫です。

コインチェックではビットコインにレバレッジをかけた取引(レバレッジ取引)を行うことができます。

レバレッジ取引とは、自分の手元にあるお金の数倍の金額で取引ができるしくみのことを言います。

コインチェックはそのレバレッジ限度が小さく、最大で5倍までとなっています。これは資金が100万円あれば、最大で500万円分のビットコインを売買できるということになります。

少ない資金で大きな利益を狙うことができますが、逆に損失も大きくなるハイリスクハイリターンな方法といえますね。

初心者にはおすすめできませんが、気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。

 

まとめ

初心者におすすめの国内取引所であるcoincheck(コインチェック)の特徴とメリット・デメリットのまとめでした。

取り扱っている仮想通貨も豊富であったり、取引画面やアプリが使いやすかったり、購入が簡単であったりと本当に初心者に最適な取引所と言えますね。

スマホでチャートが確認できるだけでも便利なので、仮想通貨を始めた方はまず最初に登録しておくことをおすすめします。

 

関連記事

コインチェックの登録方法はこちらの記事で解説しています。

coincheckに登録する

coincheck(コインチェック)の登録・口座開設方法|本人確認や二段階認証などの設定方法