初心者のための仮想通貨投資の始め方

coincheck(コインチェック)での入金方法まとめ|手数料とおすすめの入金方法を解説

コインチェックに登録できたよ。次はどうすればいいの?
入金したら仮想通貨が購入できるよ!それじゃあ、コインチェックに入金する方法を紹介するね!

この記事では、仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」への入金方法を解説します。

コインチェックに登録して本人確認を終わらせた方は、さっそく法定通貨(現金)を入金して仮想通貨を購入してみましょう。

コインチェックでの入金方法は、以下の4つとなります。

  1. 銀行振込
  2. クイック入金
  3. コンビニ入金
  4. USドル入金

また、厳密には入金ではありませんが、クレジットカードで直接仮想通貨を購入するという手段もあります。

それぞれにメリット、デメリットがありますので、あなたの目的に合った入金方法を選択して無駄なく入金を行なってください。

ここからはそれぞれの入金方法について詳しく解説していきますね!

関連記事

まだコインチェックに登録していない場合は、先に登録を済ませておきましょう。

coincheckに登録する

coincheck(コインチェック)の登録・口座開設方法|本人確認や二段階認証などの設定方法

コインチェックの入金手数料

銀行振込 無料(振込手数料は発生)
クイック入金
コンビニ入金
〜3万円 756円
3万円〜50万円 1000円
50万円〜 入金額×0.108%+486円
USドル入金 25USドル

 

入金方法1:銀行振込

基本的には手数料を安く抑えることができる銀行振込がおすすめだよ!急ぎの場合は他の方法がいいかな。

銀行振込が基本だね!

銀行振込の特徴

  • 振込手数料が安い
  • コンビニATMからも振込可能
  • 入金が反映されるまでに時間がかかる

一番スタンダードな方法が銀行振込での入金ですね。

振込手数料も一番安く、コンビニATMからも振込可能なので、急ぎでない場合には最適な入金方法です。

ただし、土日や夕方以降の振込だと入金が反映されるまでに少々時間がかかるので、急ぎの場合は別の方法をおすすめします。

コインチェックの振込先は「住信SBIネット銀行」と「りそな銀行」になります。

そのため、もしこれら2つの銀行口座をお持ちでしたら、手数料を抑えて入金することが可能ですよ。

MEMO

日本の仮想通貨取引所では、振込先として「住信SBIネット銀行」を指定しているところが多いです。そのため、もし住信SBIネット銀行に口座をお持ちでない場合は、これを機に口座を開設しておくことをおすすめします。

住信SBIネット銀行で口座開設する

 

銀行振込での入金方法



銀行振込で入金する場合は、コインチェックのトップページ上部から「入金」をクリックします。


次に「銀行振込」を選択します。


すると、振込先の口座情報が記載されているのでそこに振り込みましょう。上述の通り、振込先には「住信SBIネット銀行」と「りそな銀行」の2つから選択できます。

注意
住信SBIネット銀行に振り込む場合は、振込人名義を「ユーザーID 名前」にする必要があるのでご注意ください。

 

入金方法2:クイック入金

クイック入金はどんな時に使えばいいの?
すぐに入金して、通貨を買いたい時だね!

クイック入金の特徴

  • 入金が即時反映される
  • 24時間いつでも入金可能
  • 対応銀行でないと利用できない
  • 入金後7日間出金/送金できない

クイック入金は、銀行のPay-easy(ペイジー)を用いた入金方法のことです。

手数料は銀行振込に比べると少々高いですが、即時入金されるのが特徴ですね。

今すぐに通貨を買いたいという時には、クイック入金がベストな選択と言えるでしょう。

注意
コインチェック対応の銀行でなければクイック入金は行なえません。クイック入金の利用が可能な銀行一覧はこちらからご確認ください。

利用可能な銀行一覧

 

クイック入金での入金方法



クイック入金で入金する場合は、コインチェックのトップページ上部から「入金」をクリックします。


「クイック入金」をクリックします。


空欄に必要情報を入力し、「決済申請」をクリックします。


ペイジーでの支払情報が表示されるので、この情報をもとにお使いの銀行でペイジー決済を行いましょう。

 

入金方法3:コンビニ入金

コンビニ入金はどんな時に使えばいいの?
すぐに入金したいけど、クイック入金ができない時だね!

コンビニ入金の特徴

  • 入金が即時反映される
  • 24時間いつでも入金可能
  • 振込上限額がある
  • 入金後7日間出金/送金できない

コンビニ入金は、その名の通りコンビニエンスストアでお金を支払う入金方法のことです。

24時間365日いつでも入金することができますが、コンビニまで行かないといけないのはデメリットですね。

また、一度に最大299,500円までしか入金できないので、それ以上の金額を入金したい場合は、複数回にわけて入金する必要があります。

上述のクイック入金が可能であるならば、コンビニ入金を使うメリットは特に無いですね。

利用可能なコンビニエンスストア
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • セイコーマート

 

コンビニ入金での入金方法



コンビニ入金で入金する場合は、コインチェックのトップページ上部から「入金」をクリックします。


「コンビニ入金」をクリックします。


必要情報を入力し、「決済申請」をクリックします。


その後の指示に従って入金を完了させましょう。

 

入金方法4:USドル入金

USドル入金は利用者も少ないと思いますので、入金方法は省かせて貰います。

USドル入金の特徴

  • USドルで入金可能
  • 高額な手数料がかかる

USドルからの入金も可能です。問題は「25USドル」(約3,000円)という高額な入金手数料がかかってしまうところですね。

入金されたUSドルはコインチェック内で無料で日本円に換金されます。

 

クレジットカードについて

これまではコインチェック内に日本円を入金する方法をご紹介しました。

実は、コインチェックではクレジットカードで仮想通貨を直接購入するクレジット決済も可能です。

いつでもリアルタイムで購入でき、面倒な手間もかからないのですが、手数料が高いのが欠点です。

クレジットカードで仮想通貨を購入する場合は、手数料が決められておらず、購入時のレートや売り注文量をもとに算出しているようです。クレジットカードの手数料も上乗せさせられているので、どうしても高くなってしまうんですね。

クレジットカードを利用する場合は、非常に簡単に仮想通貨を買える代わりに手数料が高くなるので、余程のことがない限り利用しないほうが良いでしょう。

利用可能なクレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

 

入金が反映されない原因と対処法

クイック入金、コンビニ入金の場合はコインチェックにすぐに反映されますが、銀行振込の場合はしばらく反映されない場合があります。原因としては、以下の3つが考えられます。

  • 銀行の営業時間外に振り込んだ
  • 本人以外の名義で振り込んだ
  • アカウントIDを入力せずに振り込んだ(住信SBIネット銀行に振り込む場合)

もし本人以外の名義で振り込んでしまったり、アカウントIDを入力せずに振り込んでしまい、時間が経っても反映されない場合はコインチェックに問い合わせてみましょう。

 

まとめ

  1. 銀行振込:手数料が安い
  2. クイック入金:24時間いつでも入金可能
  3. コンビニ入金:24時間いつでも入金可能
  4. USドル入金:利用することはあまりない

コインチェックでの入金方法の特徴や手数料のまとめでした。

金額や状況に応じて、自分にあった最適な入金方法で入金を行なってくださいね。

 

関連記事

無事にコインチェックの口座へ入金が完了したら、次は仮想通貨を購入してみましょう。

coincheck(コインチェック)での仮想通貨の購入方法(買い方)|取引所・販売所