初心者のための仮想通貨投資の始め方

仮想通貨とは?ビットコインとは?初心者向けに丁寧に解説します

そもそも仮想通貨って、一体なんのことなの?

「仮想通貨」や「ビットコイン」と聞くと、なんだか怪しいイメージがある人も多いのではないでしょうか?

でも実はそんなこともありません。ビットコインをはじめとする仮想通貨は世界中が注目しているデジタル通貨なんです。

じゃあ仮想通貨とはどういうものか、その仕組みを説明させてもらうよ!

そこでこの記事では「仮想通貨とはどういうものか」「ビットコインとはどういうものか」といった事柄をひと通りまとめておきました!

とてもざっくりとした解説ではありますが、まずはこれを読んで仮想通貨の全体像を捉えるようにしてみてくださいね。

仮想通貨とは?ビットコインとは?

ビットコインは仮想通貨の一種

そもそも仮想通貨ってなんなの?ビットコインとはどう違うの?
ビットコインはたくさんある仮想通貨の中のひとつだよ。

仮想通貨とはインターネットのネットワークを活用したデジタル通貨のことをいいます。この仮想通貨は世界中の国で利用することができます。

仮想通貨というものは数百種類以上が存在し、その中で代表的なものが「ビットコイン」なんですね。

まずは仮想通貨の中でも圧倒的なシェアを誇るビットコインについて簡単に説明したいと思います。

また、ビットコインの入門書として有名な「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」では、このように説明されています。

ビットコインとは

  • 電子データで表せる「デジタル通貨」
  • 暗号セキュリティで守られた「暗号通貨」
  • 特定の国に属さない「国際通貨」
  • 分散型ネットワークに支えられた「民主的な通貨」

う〜ん、なんだかよくわからないなぁ

すごく簡単に説明するならばビットコインとは「世界中どこでも使える電子マネーのようなもの」ということができます。

ビットコインとお金の違いをざっくりと理解するために、上記の3つのポイントを詳しく解説していきます。

 

ビットコインとお金の違いとは?

電子データで表される「デジタル通貨」

現金と聞いて一番最初に思い浮かぶのは福沢諭吉の1万円札や100円玉、500円玉などのでしょう。

日本の「円」や米国の「ドル」は紙幣や硬貨などの実体があります。財布に入れて持ち運ぶこともできますよね。

一方、「仮想通貨」であるビットコインは実体をもたないバーチャルなお金なので、手で触れることはできません。ものとして存在していないのです。

しかし、ビットコインは「ウォレット」と呼ばれる仮想通貨専用の財布に入れて持ち運ぶことができます

もちろん、ウォレットも実体はないバーチャルなものなのですが、スマートフォンやパソコンにウォレットのアプリをインストールすることで、ビットコインをいつでもどこでも使うことができます。

ちなみに、ビットコインそのものはウォレット内に存在しているわけではありません。ウォレットは、ビットコインの残高を確認したり、取引したりするツールのひとつです。

ビットコインは仮想通貨の取引所に保管されています。万が一ウォレットがインストールされたスマートフォンをなくしても、ビットコインはなくならないので安心してくださいね。

 

暗号セキュリティで守られた「暗号通貨」

現金を所有することはできますが、ある特定の「一万円札」の持ち主が自分だと名乗ることはできません。それは、お札に所有者の名前が書いてあるわけではないからです。

たまたま手にしたその人が一時的に「一万円という価値」を所有しているにすぎないので、もしその一万円札を誰かに盗まれ、どこかで使われてしまっても、「この一万円札は私のだから返して」という理屈は通じません。

一方、暗号通貨であるビットコインは「電子署名」という暗号技術によって、現在の所有者に無断で送金できないようになっています。

Aさんが所有している「1ビットコイン」は、Aさんの許可なく、勝手にBさんのものにすることはできないということですね。

 

特定の国に属さない「国際通貨」

日本国内では、お金のやり取りを「円」で行います。買い物をするにしろ、給料をもらうにしろ、すべて日本円で取引しています。アメリカであれば「ドル」ですね。

各国の通貨はその通貨を発行する国と切っても切れない関係にあります。

お金を発行できるのは、中央銀行である日本銀行だけです。日本銀行は、経済や市場の動向を見ながら、お金の発行量を決めます。

発行済の通貨の量(マネーサプライ)をコントロールすることで、金利や景気を調整するわけです。

一方、ビットコインは、特定の国や組織に属した通貨ではありません。国によるコントロールを受けないので、世界中どこへ行っても同じように使うことができます。

現在、「ドル」が世界の基準となる通貨です。一見すると、国際通貨のように思えわれるドルも、国を渡れば両替しなければいけません。

ビットコインは、面倒な両替も一切必要なし。ビットコインを扱っている国であれば、簡単に現地通貨へ換金できます。

ビットコインのように国境が存在しない通貨こそが、本当の意味での「国際通貨」といえるでしょう。

 

分散型ネットワークに支えられた「民主的な通貨」

特定の国が発行・管理していないビットコインは、その代わりに、ネットワークに参加している人たちが主体となり、自分たちの手で運用しています。

1日24時間、365日行われている取引を、参加メンバーがお互いに承認し合うことで、「取引の正しさ」を担保しています。

取引を支える技術は、「P2P(Peer to Peer)」と呼ばれる分散処理システムです。P2Pにより、ネットワークにつながれたコンピュータが世界中の取引を承認しています。

一方、銀行などの金融機関は、取引を管理するサーバーがネットワークの中央にあります。これは、ビットコインとは正反対の中央集権型システムと呼べるでしょう。

互いに承認し合うシステムのおかげで、特定の人物の権限により勝手に操作される心配がありません。ビットコインは、きわめて民主的な通貨というわけです。

 

仮想通貨にはどうして価値がつくの?

でも仮想通貨ってどうして価値がつくの?
ビットコインはたくさんある仮想通貨の中のひとつなんだ!

ビットコインのような仮想通貨はあくまでも電子データであるため、紙幣や硬貨のような現物は存在しません。

それなのにどうして数十万円の価値があるのでしょうか。ここからはその理由について簡単に説明しますね。

 

1.発行枚数に上限がある

1つ目の理由はビットコインには希少価値があるということです。

金(ゴールド)に希少価値があることはみなさんもご存知ですよね。

なぜ、金(ゴールド)に希少価値があるのかというと、金(ゴールド)は埋蔵量に限りがあるからなんです。

つまり、大量に作ることができないため、今ある金(ゴールド)の価値が保持されているというわけですね。

そして、ビットコインもまた、発行できる枚数に上限があるんですね。ビットコインは2,100万枚以上は発行できない決まりがあります。

また、発行されるペースも時間が経つにつれて減少するようにコントロールされています。

このような仕組みのおかげで、ビットコインの価値は保持されているというわけです。

 

2.国や銀行の支配を受けない

2つ目の理由はビットコイン不正や改ざんができないためです。

ビットコインには国や中央銀行などの中央集権的な組織がなく、日々世界中のマイナーによってマイニング(採掘)されています。

マイニングってなんなの?
マイニングっていうのはビットコインを新しく発行する行為のことだよ!

MEMO
「マイニング(採掘)」とは、コンピュータの処理能力を使って、ビットコインの取引を承認するための計算を手伝うことをいいます。

マイニングの報酬として、新しいビットコインをもらうことができます。

鉱山から新たな金(ゴールド)を掘り出す作業に似ていることから、マイニング(採掘)と呼ばれます。

中央銀行がないので流通量をコントロールすることもできません。

なので、国の金融政策や中央銀行による流通調整に影響を受けることもありません。

もし万が一、ギリシャ危機のような経済危機が起きてもビットコインに交換しておけば、大事な資産を守ることができるということですね。

→金(ゴールド)とビットコインの違い

 

3.偽造や改ざんができない

上述の通り、ビットコインには国や中央銀行のような発行主体がありません。

ブロックチェーンという革新的な技術により、世界中のみんなで取引を確認・承認しています。

どういうことかというと、ビットコインには、過去のすべての所有者が記録されているということです。

このビットコインは最初はAさんの手元にあったが、次にBさんの手に渡り、現在はCさんのものであるという情報がブロックチェーンに書き込まれています。

一度書き込まれた記録は誰にも改ざんすることができないようになっているため、その安全性が信用されているということですね。

これらのことから、世界中の人が価値があると認めているので、ビットコインには価値がついているのです。

→ブロックチェーンとは?

 

仮想通貨は電子マネーとはどう違うの?

仮想通貨はSuicaなどの電子マネーとはどう違うの?
じゃあここからはビットコインと電子マネーの違いを解説するね!

 

1.世界中どこでも使える

ビットコインと電子マネーとの大きな違いは、ビットコインは世界中どこでも使えるという点です。

日本国内にいる限り、電子マネーがあれば、たいていの支払いはできますが、電子マネーは日本円でチャージしているので、海外では使えません。

しかし、もともと国が管理していないビットコインには国境がないので、どこにいても日本国内にいるときと同じように利用することができます。

また、国内にいても、オンラインショッピングやネットサービスなど、インターネットを通じた支払いでは、徐々にビットコインを利用できるサイトが増えています。

 

2.物理的なカードがない

カードがないのも大きな違いですね!

二つ目の大きな違いはICカードがあるかどうかですね。

電子マネーは種類によってそれぞれカードが発行されますが、ビットコインにそのようなカードはありません。

ビットコインを外で使う場合は、ウォレットアプリをスマホに入れて使います。

スマホひとつで決済可能という点では、「おサイフケータイ」や「Apple Pay」がより近いといえるかもしれません。

端末を機械に接触させる必要がない点と、前述の世界中で使えるというところが違いになります。

 

3.発行元の企業がない

ビットコインには発行元の企業がないのも特徴だね。

SuicaはJR東日本、iDは三井住友カード、nanacoはセブン&アイ・ホールディングスなど、電子マネーは特定の企業が発行しています

一方でビットコインは中心的な発行元がなく、世界各地のマイナーによって日々発掘されています。

そのため、企業が倒産してしまうというリスクがないのが特徴と言えます。

 

4.個人間でお金のやりとりができる

ビットコインは他人に渡したり、逆にもらったりすることもできるんです。

ビットコインは個人間でお金のやりとりを行うことができます。

実際の貨幣や通貨と同じように誰かに渡したり、もらったりすることができるんですね。

渡すといっても、ビットコインは手で触れることができないので、アプリを通じて送ることになります。

最近では「LINE Pay」を利用して個人間送金ができるようになりましたが、これが非常に便利で使い勝手がいいんですね。

MEMO

例えば、飲み会やイベントの回避を集めるとき、参加者がビットコインのウォレットを持って入れば、アプリの操作で簡単に集金することができるようになります。

現金で集めるとなると、幹事がお釣りを用意する必要があったり、徴収忘れがあったりしますが、ビットコインならスマートに集金できるというわけです。

 

仮想通貨の種類は?アルトコインとは?

ビットコインについてはわかったけど、他にも仮想通貨はあるの?
たくさんあるよ!ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれているんだ。

ビットコインは仮想通貨の一種であると説明しました。

仮想通貨の種類は、2017年12月時点で1400種類以上存在しています。

仮想通貨の中にも分類があって、その中で一番主要なものがビットコインなんですね。

そして、ビットコイン以外の仮想通貨を総称して、アルトコイン(オルトコイン)といいます。

こちらは国内最大手の仮想通貨取引所である、コインチェックで取り扱っている仮想通貨の一覧になります。

それぞれ特徴や使用される用途も違いますので、最初はこの13種類の通貨について調べてみると良いかもしれませんね。

たくさんあってどれがいいのか迷っちゃうね。初心者におすすめのものとかはあるの?
やっぱりビットコインが安定しているかな。時価総額も参考になると思うよ。

仮想通貨へ投資して資産を増やすために仮想通貨投資を行なっている方は「市場価格」や「価格上昇率」を一つの指標として見ています。

一般的には「時価総額が大きい=信用度・注目度が高い」と思われます。

上記の画像は仮想通貨時価総額ランキングになるのですが、ここにランクインしている通貨を購入するのもおすすめですね。

参考

仮想通貨時価総額ランキングPOLYMATH

 

仮想通貨の買い方

ビットコインを買いたい時はどうすればいいの?
ビットコインなどの仮想通貨は「取引所」で購入できるよ!

 

仮想通貨の購入は取引所で行う

ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨は「取引所」という仮想通貨を売買するところで売買することができます。

まずは取引所に口座を開設し、取引所に日本円を送って、日本円とビットコインを交換することで始められます。

仮想通貨投資の始め方を簡単にまとめると、以下のとおりとなります。

仮想通貨取引の始め方
    1. 取引所に登録
    2. 取引所に入金(銀行・コンビニ・クレジットカード)
    3. 入金したお金で仮想通貨を購入

手順としてはこれだけです。すごく簡単そうですよね。全ての手順はネット上で出来るのも、手軽で嬉しいです。

ゼロからわかる!仮想通貨投資の始め方・やり方を初心者向けに解説します

 

すぐに仮想通貨を買ってみたい方はこちらから

仮想通貨投資を始めるなら、まずは国内取引所の登録が必要になります。

こちらの3つの取引所は全て登録しておく事をおすすめします。

今後、長く投資をしていくのであれば必ず使う事になりますよ。

 

まとめ|仮想通貨について

これで仮想通貨の基礎講座は終わりです。なんとなくではありますが、仮想通貨(ビットコイン・アルトコイン)について掴めたかと思います。

2017年は仮想通貨元年とも言われており完全な黎明期ですから、今から仮想通貨に触れる事は人生においても大きな出来事だと思います。

ではステップ1は修了しましたので、ステップ2の「仮想通貨投資の始め方」へと駒を進めましょう!

ステップ2:仮想通貨投資の始め方