初心者のための仮想通貨投資の始め方

仮想通貨取引所の「取引所」と「販売所」の違いを解説|取引所での注文方法

仮想通貨取引所で見る、「取引所」と「販売所」って、何が違うんだろう?

仮想通貨取引所の登録が終わって、いざ仮想通貨を買ってみようと思った時、こんな悩みが出てきませんか?

気づかないうちに「販売所」ばかり使っていて、手数料が高く取られていた…という声はよく聞きます。

そこでこの記事では初心者の方にはわかりづらい、「取引所と販売所の違い」について詳しく解説します。

この機会に、「販売所と取引所の知識」をしっかりと身につけておきましょう!

取引所と販売所とは?

まずは仮想通貨を購入する前に知っておきたい「取引所」と「販売所」について説明するね!

まず、一般的によく目にする「仮想通貨取引所」というのは、コインチェックやザイフ、bitFlyerなどの仮想通貨の売買サービスを行う「運営会社」をさしていることが多いです。

そしてこれらの仮想取引所では、基本的に2つの方法で仮想通貨を購入することができます。

その2つの方法というのが、「取引所売買」と「販売所売買」ですね。

  • 取引所売買:「板」を利用し、他のユーザーから購入する
  • 販売所売買:コインチェックやザイフといった販売会社から、直接購入する

今回はこの2つの売買方法の違いについて解説していきます。

この違いを知っていないと大きく損をしてしまうことがありますので、仮想通貨取引を行う方は必ず確認しておきましょう。

 

取引所と販売所の違い

ここからは、取引所と販売所の違いについて詳しく解説します。

取引所と販売所とでは少々違いがありますので、その違いを抑えて売買することが重要になります。

 

取引所と販売所では取引相手が違う

取引所と販売所の大きな違いは、「誰と取引するか」です

取引所で売買する相手はユーザーで、販売所で売買する相手はその販売所ということですね。

もう少しわかりやすく説明すると、取引所は仮想通貨を保有するユーザー同士が売買を行う場所であり、お互いに「いくらで売りたいか」「いくらで買いたいか」が合致した時に取引が成立します。

一方、販売所は販売会社と取引をする場所であり、販売会社から「仮想通貨を売ってもらう」「仮想通貨を買い取ってもらう」ことができます。

取引所の特徴
  • ユーザー同士で取引をする
  • 希望の価格で売買できないこともある
  • 板情報にある価格と数量で取引をする
  • 販売所よりも割安で買えることがある
販売所の特徴
  • 販売会社と取引をする
  • 確実に売買できる
  • 指定された価格でしか売買できない
  • 取引所よりも割高になりがち

 

取引所の特徴

取引所では、売買する相手がユーザーなので、取引にかかる手数料(スプレッド)が少ないことがメリットですね。

ただし、売買する相手がいないと取引が成立しないので、「買いたい人と売りたい人がマッチングしないと取引が成立しない」ことが特徴です。

自分が買いたい数量の売り注文がなければ、いつまで経っても取引が成立しないということもありえます。

ただ、取引所は価格を指定して取引ができるため、「販売所よりも安く買える可能性が高い」のが最大のメリットです。

 

販売所の特徴

販売所では、売買する相手が販売所なので、販売所が決めた額でしか売買を行うことができません。そのため、手数料が多くかかります。

また、一般的には「取引所での購入よりも割高になりがち」なのはデメリットと言えるでしょう。

しかし、その分確実に売買することができ、すぐに売買できるのが特徴です。

 

取引所と販売所での仮想通貨の買い方

coincheck(コインチェック)の場合

coincheck(コインチェック)での仮想通貨の購入方法(買い方)|取引所・販売所

Zaif(ザイフ)の場合

Zaif(ザイフ)での仮想通貨の購入方法(買い方)|取引所・販売所

 

取引所と販売所の違いまとめ

  • 取引所:すぐに買うことができる
  • 販売所:安く買うことができる

個人的には少しでも安く購入できる取引所で購入することをおすすめします。

特に頻繁にトレードをする場合、販売所の手数料は気になりますね。

一方で、販売所には「簡単に注文できる」「すぐに売買できる」「確実に売買できる」といったメリットもあります。

今すぐ買いたい時は「販売所」、できるだけ安く買いたい時は「取引所」といった使い分けがおすすめです。

 

手数料を安くするならZaifがおすすめ

前述のとおり、取引所の方ができるだけ安く購入することができるので、取引所で購入することをおすすめするといいました。

しかし、coincheckやbitFlyerでは「ビットコイン」は取引所で購入することができますが、アルトコインの売買は「販売所のみ」となっています。

一方、Zaif(ザイフ)では、XEM(ネム)やMONA(モナコイン)、ETH(イーサリアム)などのアルトコインも「取引所」で売買することができます。

XEM(ネム)やMONA(モナコイン)、ETH(イーサリアム)などを買うなら、Zaif(ザイフ)で買うべきということですね。

販売所の高い手数料を含んだ価格で買うよりも、絶対にお得なので、これらのコインを購入する場合は取引所を使うようにしましょうね!

Zaif(ザイフ)には仮想通貨の積立機能もあるので、初心者に特におすすめの取引所です。