初心者のための仮想通貨投資の始め方

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)を解説

この記事では仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」の取扱通貨を一覧にしてご紹介します。

また、Zaif(ザイフ)で購入することができる仮想通貨の取扱銘柄、アルトコインの特徴もまとめましたので、合わせてご覧いただければと思います。

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)

Zaif(ザイフ)ではビットコインなどのほかに、いくつかの銘柄、アルトコインを取り扱っています。

主要な仮想通貨はもちろん、他の取引所にはないトークンが豊富に揃っています。

Zaifで取引可能な仮想通貨

まずはZaif(ザイフ)で取引可能な仮想通貨を見ていきましょう。

Zaif(ザイフ)では、ビットコインをはじめとする多数の通貨(アルトコイン)の取り扱いがあります。

具体的には現時点で、以下のコインの取引が可能となっています。

  • Bitcoin(BTC)(ビットコイン)
  • Ethereum(ETH)(イーサリアム)
  • NEM(XEM)(ネム)
  • monacoin(MONA)(モナコイン)
  • Bitcoin Cash(BCH)(ビットコインキャッシュ)

 

Zaifで取引可能なトークン

次に、Zaif(ザイフ)で取引可能なトークンを見ていきましょう。

Zaif(ザイフ)では大きな特徴として、「トークン」の取り扱いがあります。

具体的には現時点で、以下のトークンの取引が可能となっています。

  • ZAIF(ザイフトークン)
  • XCP(Counterpartyトークン)
  • BCY(Bitcrystals/ビットクリスタルズ)
  • SJCX(STORJCOIN X/ストレージコインエックス)
  • FSCC(フィスココイン)
  • PEPECASH(ぺぺキャッシュ)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCXC(ネクスコイン)
  • JPYZ(ゼン)

「トークン」とは、仮想通貨と違い、他の仮想通貨のプラットフォーム上で発行されている「独自のコイン」といった位置付けにあります。

これらのトークンは主要仮想通貨に比べて、まだ値上がりしていないものが多く、掘り出し物を見つけたい方には最適な投資先となっています。

 

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの特徴

では、これらZaif(ザイフ)で取り扱いのある仮想通貨の銘柄、アルトコインについてそれぞれどのような特徴を持っているのか見ていければと思います。

ビットコイン(Bitcoin)

仮想通貨の中でも一番有名で代表的なものがビットコインです。

仮想通貨についてよく分からないという方でも、ビットコインという名前は聞いたことがあるという方もいらっしゃるような状況ですね。

ビットコインは2009年にサトシ・ナカモトなる人物によって投稿された論文に基づいて運用が開始された仮想通貨です。

非中央主権的に管理されてる仮想通貨であり、取引履歴はブロックチェーンという公開された台帳に記録されています。

 

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアムは、ビットコインについで有名な仮想通貨(アルトコイン)です。

イーサリアムは正確にいうと、分散型アプリケーション (DApps) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称のことをいいます。

イーサリアムの大きな特徴としては、先ほども出てきた「スマートコントラクト」という機能を有している点で、「スマートコントラクト」とは、取引と同時に「契約」もできるといったような機能です。

イーサリアムはこの「スマートコントラクト」を有した仮想通貨として高い地位を確率しています。

 

ネム(NEM)

ネム(nem)はアルトコインの一種であり、その名称はNew Economy Movement(新たな経済運動)という意味です。

開発に日本人が大きく関わっているため、日本人に馴染み深く、人気のあるコインとなっています。

また、NEM(ネム)は大きな特徴を持っており、「プルーフ・オブ・インポータンス(Proof-of-importance)」という「富の再分配」などと言われている仕組みを持っています。

これはどんな仕組みかというと、NEM(ネム)の取引を活発に行った人、取引量などで貢献した人に、そのぶん多く報酬が支払われるといったような仕組みです。

そのことから多くの投資家からも人気を集め、時価総額は10位以内に入っています。

 

モナコイン(Monacoin)

モナコイン(monacoin)は日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ氏)によって開発されている日本初の暗号通貨です。

「モナコイン」の「モナ」は日本の匿名掲示板2ちゃんねるのキャラクター「モナー」が元になっていると言われています。

ライトコインという通貨(ビットコインが「金」なら、「銀」に例えられる通貨)をベースに作られており、ビットコインよりも送金スピードが早く手数料も安いのが特徴です。

また、日本が発祥の仮想通貨銘柄ということで、注目している方も多いようですね。

 

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は、2017年8月1日にビットコイン(Bitcoin)のハードフォーク(分裂)しが行われたことで生まれた通貨(アルトコイン)です。

ビットコイン(Bitcoin)の保有者が増えすぎたために、取引がスムーズに行われなくなり、その解決策として生まれたアルトコインだと言われています。

ビットコインキャッシュは基本的な仕様はビットコインとほぼ同じです。そのため、ビットコインと同じような価格の変動があることが特徴のひとつと言えるでしょう。

 

ZAIF(ザイフトークン)

ZAIFトークンは2016年7月より取引が可能になった、Zaif取引所の運営会社であるテックビューロ株式会社が独自に発行しているトークンです。

取引所が独自に発行しているトークンというのはまだ新しいですね。

誕生当初は特に使い道がなかったのですが、2017年8月にICOソリューションである「COMSA」との連携により、一時は価格が暴騰しました。

また、COMSAのプレセールが終わった現在は使い道がないですが、今後、ZAIFトークンの価値をあげるために、テックビューロ株式会社はZAIFトークンの使い道を広げようとすることが予想できます。

 

XCP(Counterpartyトークン)

Counterpartyトークン(XCP)はこれまでの仮想通貨とは違い、独自のプラットフォームを持たない「トークン」の一つです。

独自のトークンを発行できることが特徴で、このトークン(XCP)を利用することで、自分の通貨を発行することができます。

 

BCY(ビットクリスタルズ)

Bitcrystals(ビットクリスタルズ)は「Spells of Genesis」というゲーム内で使用できる仮想通貨(トークン)です。

「Spells of Genesis」の中ではゲームのアイテムが高値で取引されたりしています。 まさにトークンの正しい使い方と言えますね。

仕様用途は限られますが、ゲーム自体が普及すれば、今後注目を集めるのではないかと期待されています。

 

SJCX(ストレージコインエックス)

STORJCOINは、分散型のクラウドストレージのプラットフォームです。

クラウドストレージというのはDropboxやGoogleDriveのような、インターネット上でファイル保管用のディスクスペースを貸し出すサービスのことです。

従来のDropboxやGoogleDriveなどのサーバー・クライアント型のクラウドストレージサービスと比較して、安価で安全であることが特徴です。

 

FSCC(フィスココイン)

フィスココインは株式会社FISCOが株主優待として発行したトークンです。

フィスココインは現在、仮想通貨通貨で野菜が買えるネクスファームや、仮想通貨で旅行ツアーを購入できるウェブトラベルなどで使用することができます。

 

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)

ぺぺキャッシュ(PEPECASH)は、海外匿名掲示板である「4ちゃんねる」で、Counterparty(カウンターパーティ)というビットコインのブロックチェーンのプラットフォーム上で生み出された独自トークンです。

海外のキャラクターがモデルになっているトークンで、主に海外でトークンを売買する際に使われるトークンのようです。「モナコイン」の海外版のようなものですね。

ぺぺキャッシュというカードゲームで、デジタルカードの売買に使用することができます。

ぺぺキャッシュ(PEPECASH)とは?特徴や仕組み・将来性を解説

 

CICC(カイカコイン)

CAICAコインはFSCC(フィスココイン)とほぼ同じようなもので、株式会社カイカが株主優待として発行したトークンです。

利用用途も、提携先のサイトで利用できるなど、フィスココインと同じようになっています。

 

NCXC(ネクスコイン)

こちらも、先のFSCC(フィスココイン)、CICC(カイカコイン)とほぼ同じもので、株式会社ネクスグループが発行したトークンです。

株式会社ネクスグループも株式会社フィスコのグループ会社です。

 

JPYZ(ゼン)

ゼンは一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)という団体が発行しているトークンです。

これまでのトークンとは違い、「日本円の為替と連動すること」を目的として発行されているトークンで、ある意味、一種の「社会実験の一環」とも言える、ちょっと変わったトークンです。

ちなみに、ゼン(Zen)という名前は、円(Yen)の一歩先を行く通貨といいう意味が込められているそうです。

 

まとめ

Zaif(ザイフ)の取扱通貨・銘柄についてまとめてみました。

Zaif(ザイフ)は他の国内取引所では取り扱いのない通貨やトークンが豊富です。

紹介した中で気になる通貨や可能性を感じたトークンがあったら、ぜひZaif(ザイフ)で取引をしてみてくださいね。

 

関連記事

Zaif(ザイフ)の登録方法や仮想通貨の購入方法に関しては、以下の記事を参考にどうぞ。

Zaif(ザイフ)の登録・口座開設方法|本人確認や二段階認証などの設定方法
Zaif(ザイフ)での仮想通貨の購入方法(買い方)|取引所・販売所